【麻雀】待ちを強くする!リャンメン待ちの作り方2つのポイント!

初心者向け

こんにちは、ユウタです

麻雀をしているとこんな悩みはないでしょうか

  • テンパイしたけどいつも待ちが悪い…
  • 他の人よりテンパイするのが遅い気がする
  • 強い人はいつも多面待ちでテンパイしてる

これらの悩みは2つのポイントで解決できます

このポイントを理解することで勝ち組にグッと近づきます

それでは早速解説していきます

リャンメン(両面)待ちは最強!それはなぜか?

麻雀が強くなる近道を一言で表すと

リャンメン(両面)待ちをたくさん作ることです

なぜリャンメン待ちが有利なのか?

他の待ちと比べて詳しく解説していきます

リャンメン待ちの特徴

リャンメン待ちとは四索:麻雀王国五索:麻雀王国のように隣の数字の牌が並んでおり、その左右の数字どちらでもメンツが完成する待ちのことです

リャンメン待ちのメリットをまとめてみました

  1. 待ちの枚数が多い
  2. 平和がつきやすく、打点が上がりやすい

1.待ちの枚数が多い

例えば四索:麻雀王国五索:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国待ちだと2種類8枚の待ちになります

8枚は他の待ちに比べるととても多く、これがリャンメン待ちが最強と呼ばれる理由の1つです

2.平和がつきやすい

例えばカンチャン待ちペンチャン待ちでは平和にはなりません

喑刻や役牌の雀頭がなければ、リャンメン待ちを作れば平和になります

平和は基本的な役であり、打点を稼ぎやすいので積極的にリャンメン待ちを作りましょう

ペンチャン(辺張),カンチャン(嵌張)待ちの特徴

ペンチャン(辺張)待ちとは一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国のように端の数字が2つ並んでおり、その内側の牌(この場合は三筒:麻雀王国)でメンツが完成する待ちのことです

ペンチャン待ちは12もしくは89という数字の並びでしか存在しません

そして待ちの枚数は1種類で最大4枚です

カンチャン(嵌張)待ちとは六索:麻雀王国八索:麻雀王国のように1つ飛ばしで数字が並んでおり、その間の牌(この場合は七索:麻雀王国)でメンツが完成する待ちのことです

カンチャン待ちはペンチャン待ちと同じく待ちの枚数は1種類で最大4枚になります

シャンポン,タンキ(単騎)待ちの特徴

シャンポン待ち二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国のように対子2つのうちどちらか(この場合は三索:麻雀王国白:麻雀王国)でメンツが完成する待ちのことです

シャンポン待ちは待ちが2種類ありますが、手牌の中で4枚使っているので待ちの枚数は最大4枚になります

タンキ(単騎)待ち一萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国のように雀頭を完成させる牌を引いたときに雀頭が完成する(この場合は一萬:麻雀王国)待ちのことです(七対子、国士無双を除く)

手牌の中で1枚使っているので待ちの枚数は1種類で最大3枚になります

待ちの強さまとめ

ここまでに紹介した待ちについてまとめます

待ち種類待ち枚数
リャンメン2種類8枚
ペンチャン1種類4枚
カンチャン1種類4枚
シャンポン2種類4枚
タンキ1種類3枚

表から見てもわかるようにリャンメン待ちは圧倒的に有利です

強い人たちはリャンメン待ちをたくさん作ることで多くのアガりを生んでいます

それではリャンメン待ちを作るにはどうすればいいのか?

2つのポイントにまとめてみました

  1. 牌効率に沿って打つ!
  2. リャンメンを作りやすい形を覚える!

以下で解説していきます

リャンメン待ちをたくさん作るには?

牌効率に沿って打つ!

牌効率とは「どの牌を切れば一番テンパイに近いか」という効率のことです

詳しくはこちらの記事に書いていますが、簡潔にまとめると

  1. 手牌の中に1枚しかない字牌は切る
  2. 端の牌から切る

この2つのポイントを押さえておくだけで基本的には大丈夫です

なぜこの2点が重要か表を使って解説します

リャンメン愚形合計
3~7牌2種類3種類5種類
2,8牌1種類3種類4種類
1,9牌0種類3種類3種類
字牌0種類1種類1種類

上の表から分かるように3~7の牌はその隣の牌が来るとリャンメン待ちを作ることができます

例えば三筒:麻雀王国

二筒:麻雀王国を引くと二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国になり一筒:麻雀王国四筒:麻雀王国のリャンメン待ちとなり

四筒:麻雀王国を引くと三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国になり二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国のリャンメン待ちになります

このように内側の牌(3~7)は手牌の中でも重要な役割を持っています

リャンメンを作りやすい形を覚える!

先ほど説明した牌効率通りに打っているとリャンメン待ちになりやすい形がよく出てきます

以下の2つの形を覚えておけば簡単にリャンメン待ちを作ることができます

  1. 4連系
  2. 中ぶくれ系

もしかしたら聞いたこともあるかもしれません

それでは早速解説していきます

4連系とは?

4連系とは三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国のように4つ数字が並んでいる形のことです

この形がリャンメンを作るには二筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国4種類14枚です

しかも二筒:麻雀王国なら二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国の形になり一筒:麻雀王国四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国待ちの3メンチャン

七筒:麻雀王国なら三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国の形になり二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国待ちの3メンチャンになります

このように4連系のメリットは以下の2つです

  1. リャンメン待ちになる枚数がとても多い
  2. 3メンチャンになることもある

注意点を挙げると六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国このような端に寄った4連系はリャンメン待ちを作る枚数が五索:麻雀王国七索:麻雀王国2種類7枚となり少なくなってしまいます

真ん中の4連系が強いと覚えておきましょう

中ぶくれ系とは?

中ぶくれ系とは五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国のようにメンツの中の牌がもう1つある形のことです

この形がリャンメンを作るには四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国4種類14枚です

4連系はリャンメン以外の待ち(カンチャンやシャンポン)になってしまうこともありますが、中ぶくれ系は必ずリャンメン待ちになるのが強みです

中ぶくれ系のメリットを挙げておきます

  1. リャンメン待ちになる枚数がとても多い
  2. 必ずリャンメン待ちになる

中ぶくれ系も端に寄った場合は少し弱くなります

一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国この形だとリャンメン待ちになるには三索:麻雀王国1種類3枚しかありません

端の中ぶくれ系は強くないと覚えておいてください

まとめ

リャンメン待ちの強さ、そしてリャンメン待ちを作るためのコツを理解できましたか?

リャンメン待ちを作るためには

  1. 牌効率通りに打つ!
  2. リャンメンになりやすい形を覚えておく!

この2つのポイントを徹底していけば大丈夫です

それでは有意義な麻雀ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました